おカタい薬系

コロナ向け、話題のお薬☆彡

こんにちは

やっとというか、ついにというか、コロナ向けといえる薬が治療に浸透してきました☆彡

抗体製剤(ロナプリーブ)です!(^^)!

~抗体製剤とは~

2つの抗体を混ぜてある薬で昨年トランプ大統領を治した方法です。

投与する医者も知らないという「二重盲検」というかなり信頼できる治験で、平均53歳の500人以上の患者さんで、診断ついて3日以内に投与すると、入院が2%,死亡は0%、一方の偽薬では、入院が7%、死亡が2%前後でした。

初期に重症化を防ぐうちに、自分が抗体作るのを待つ訳ですので、とにかく早めに打つのが決め手です。<NewEngl.J.Med.より抜粋>

さて、ここからは私の主観ですペコリ(o_ _)o))

抗体制剤は値段が高めです政府が買い上げたそうで、今はコロナは「2類感染症」なので支払いは無料なのですが、本来の薬価はウン10万と言われております(1回あたりです(;’∀’)タカイネ)

一部では、「季節性のインフルと同じ5類にしよう」というお話しがあるやなしや。

そうなるとですね・・・このお薬が3割の自己負担になるのでは??と。。。(だってインフルの薬ってタダじゃないし)

自分で買うことはできないのですが、医療現場ではちゃんと診断をしながら投与してますね。まあ「コロナ薬」が出てきたのはいい事だと思います!(^^)!

もう一個別な薬のことを(/・ω・)/

はい、イベルメクチンです。

実際にコロナ感染症に効くかどうか、実は人を対象とした場合のデータって無いんです。。。

後ですね、元々疥癬の薬なので、処方は疥癬として認められる量までなんですよね。。。コロナ患者には大量に必要とされていますので、どんだけの量が要るねん、っていう感じです。

因みに、アメリカFDAは “Why you should not use ivermectin to treat or prevent COVID 19” という題名で、副作用が強いから使わないように警告しています。勧める先生もいるようですが、事実の中からあえて書いてみました。

とにかく、体調が悪いな~。。。と感じたら放っておいたりガマンしないで、早め早めにチェックして対処していきましょう!(^^)!

新型コロナウイルス抗原検査キット
新型コロナウイルス抗原検査キット-4068

PCR検査の方がウイルス検出率は高いんですが、やっぱり時間がかかるので、症状があって不安なとき、まずはこれでいいかと思います。(発症2-9日目で病状がある場合は、抗原検査とPCR検査の結果の一致率は非常に高いです)


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村